JTB 秋田支店

営業時間

Day of the WeekHours
月曜9:30 AM - 5:30 PM
火曜日9:30 AM - 5:30 PM
水曜日9:30 AM - 5:30 PM
木曜日9:30 AM - 5:30 PM
金曜日9:30 AM - 5:30 PM
土曜日定休日
日曜日定休日
年末年始休業日:12/26~1/3

住所

010-0921
秋田県 秋田市 大町3-4-1
マニュライフプレイス秋田8階

TEL

代表電話

おすすめ情報

  • 秋田支店<旅行クラブ>男鹿柴灯まつりに参加して参りました!

    旅行クラブ第一弾!

    「秋田に住んでいるけれど、意外と秋田のことを知らない!!」
    「実際に経験して秋田の良さを広めよう!」

    そのようなコンセプトでJTB秋田支店<旅行クラブ>は発足されました。 今回は「男鹿の柴灯まつり」見学を兼ねて県内を旅してきましたので、旅行内容を掲載いたします。

    【当日の行程】
    ①秋田内陸縦貫鉄道 お座敷列車(乗車)
    ②くまくま園
    ③柴灯まつり

    【ポイント】
    ①秋田内陸縦貫鉄道  停車駅で1つずつお弁当(ごっつお)が運ばれてくるため、ちょっとしたコース料理を満喫できました。
    ②くまくま園  冬眠中の丸まった熊の姿を間近で見学することができました。たまに起きる熊の大きさに、少し驚くかも!?
    ③柴灯まつり  なまはげ太鼓や踊りなどの各種イベントを、コロナ対策の電光掲示板 にて見ることができたため、見えづらい等の問題がなく、非常に盛り上がりました!
    この日体験したすべてが秋田らしいもので、非常にいい経験になりました!皆様も是非秋田をもっと知り、秋田の良さを共に広めていきましょう!

    <お問い合わせ先>
    株式会社JTB秋田支店
    電話018-862-6193

  • 秋田支店<旅行クラブ>あきた舞妓鑑賞に参加して参りました!

    旅行クラブ第二弾!

    秋田の知らなかった魅力を見つけよう!秋田を知らない人に魅力を知ってもらおう!JTB秋田支店<旅行クラブ>はそのような思いを持って発足されました。

    今回は、秋田の新しい観光資源となっているあきた舞妓にスポットを当ててご紹介いたします。

    秋田では、過去に途絶えてしまった芸者文化を復活させ「会える秋田美人」として、あきた舞妓が誕生しました。

    おもてなしを通じて、秋田の観光や文化などの魅力を伝えております。
    一般のお客様への舞踊披露やお抹茶体験の他、現在は修学旅行の学生さんの受入を積極的に進めております。

    舞妓さんと芸妓さんが演舞や茶道の点前の披露、質問コーナーやクイズなどを楽しめる公演会を定期・貸切ともに行っております。

    現在展開しているおすすめプランは…
    ■専用劇場での舞踊公演
    ■舞妓さんとの街歩き
    ■お座敷出向
    ■県内のお祭りやイベントへの出演
    ■修学旅行生を対象とした演舞鑑賞・抹茶体験等
    天候に左右されず、気軽に伝統文化や舞妓さん、芸者さんが点てた抹茶を楽しむ事が出来るのはここだけです!
    少しでも気になった方、これからの旅行先にお悩みの方、いつでもご相談ください!

    <お問い合わせ先>
    株式会社JTB秋田支店
    電話018-862-6193

  • JTB秋田支店<旅行クラブ>秋田県にかほ市を訪れました^^

    旅行クラブ第三弾!

    今回は、日本海と鳥海山に抱かれたまち "秋田県にかほ市" を訪れました。
    県内で春の訪れが最も早い温暖な地域として知られており、秋田市中心部より高速利用で約1時間。
    いくつかおすすめスポットをご紹介いたします。

    【にかほ市象潟郷土資料館】
    象潟は昔、文字どおり、大小百以上の島々が点在する潟でありました。
    芭蕉をはじめ、多くの文人たちが訪れた景勝の地であり、文化元年(1804)の大地震で象潟の絶景は失われましたが、当時の島々は水田の中に残り、昔の面影や文人たちの足跡を求めて今もたくさんの方々が訪れています。
    象潟はその昔、日本三景の松島に並び、「東の松島、西の象潟」と称された景勝地だったのです!

    【道の駅象潟「ねむの丘」】
    約20,000坪の敷地に、物産館/農産物直売所・レストラン・展望温泉・にかほ市観光拠点センター・足湯・屋外各種広場・駐車場が整備された、東北最大級の道の駅。
    日本海を一望できる展望温泉や、無料の足湯は大人気!

    【レメデ・ニカホ】
    仁賀保駅より徒歩7分。地元秋田の食材(東由利鴨、比内地鶏、帆立etc...)と全国の厳選素材をかけ合わせ、発酵食文化をとりいれた独特のフランス料理を堪能できる大人気のレストランです。
    メニューは毎回違い、予約必須で1ケ月先まで予約でいっぱい!ディナーコースは約2時間半でしたが、あっという間の至福の時でした。
    次回はランチコースもいただいてみたいです。
    春は桜(ソメイヨシノ)、夏は日本海で取れる岩ガキやアワビ、秋は「北限の産地」として知られるイチジク、冬はハタハタやタラ漁など、
    歴史、文化遺産、産業のどれも見どころ満載のにかほ市へ訪れてみませんか?

    <お問い合わせ先>
    株式会社JTB秋田支店
    電話018-862-6193

  • 体感型ギフトカタログ「JTBギフトトラベル」

    大切な人への贈りもの。贈りたい人に喜んでいただける「コト」。体験のエキスパートJTBがご案内する旅。それがJTBギフトトラベルです。旅はもちろん、グルメ、アクティビティ、エンターテインメント、リラクゼーション、こだわりのアニバーサリーギフトを贈りたい。もらいたい。魅力あふれる体感型ギフトを大切な取引先や社員に贈りませんか?

    パンフレットをご希望の方は下記までお問い合わせください。
    JTB秋田支店
    電話:018-862-6193

  • 企業版ふるさと納税(ふるさとコネクト)

    ふるさとコネクト」は、企業版ふるさと納税のポータルサイトです。自治体の地方創生プロジェクトを分かりやすく紹介するとともに、企業様が行う社会貢献や事業展開などのニーズを自治体に発信し、双方のニーズを集約・ マッチングさせる仕組みです。
    ふるさとコネクト」のサイトにアクセスすれば、寄附を募集している様々な自治体のプロジェクトを一覧で見ることができます。またサイトには決済機能を備えているため、応援したい自治体を探した後に寄附まで完了できるワンストップサービスを提供しています。

    詳細は下記までお問い合わせください。
    JTB秋田支店 交流創造事業グループ
    電話:018-862-6193

  • 自ら気づき、自ら成長し、自ら創る人財「自律創造型人財」の形成を手助けするJTBのソリューションサービス

    近年、デジタル化とライフスタイルの多様化が進み、企業と従業員の関係性が大きく変化しつつあります。「企業が従業員を選ぶ」関係性から、「従業員が企業を選ぶ」関係性へとパラダイムシフトが起きている中、企業の持続的成長の鍵は、社員のエンゲージメントレベルをいかに上げられるかにかかっています。そして、このような変化の中で、「従業員にとっての価値提供」すなわち「EVP(Employee Value Proposition)」が多くの企業にとって重要な経営課題となっています。
    JTB EVPは、課題を可視化する「サーベイ分析機能」、課題抽出・施策提案・効果検証を行う「コンサルティング機能」、課題解決策としてJTBが培ってきた法人顧客とその従業員の関係性強化に資するサービス群を提供する「施策提供機能」、これらの機能を一連のループとして提供する事で、企業の経営課題を解決するソリューションモデルです。
     新サービスflappiは、従業員個々の特性・価値観の可視化と、これを起点に組織課題の可視化も実現し、それぞれに対する支援・解決施策のレコメンド機能を有しております。 従業員個々の多様な価値観に応じた個別支援策と、従業員の多様性、自律性を活かす組織施策を推奨する事で、人と組織を持続的成長に導く事を可能にします。
    詳細は、JTB秋田支店 営業課までお問い合わせください。TEL:018-862-6193

おすすめ情報

  • 日本好き外国人コミュニティを持つ、FUN!JAPANならではの「越境EC/サブスクリプションモデル」

    訪日の一過性の観光消費額だけではなく、そのエリア・商品のファンになって貰い
    関係性を構築し、生涯消費需要を獲得する事で日本経済を持続的に活性化させるご提案です。
    台湾・香港・ASEANを中心に、月間最大270万以上の日本好き消費者からアクセスされる、日本紹介メディア「FUN! JAPAN」。
    この「FUN! JAPAN」の仕組みを活用して、東北好きな"アジアの方々へ、秋田県産品を販売しませんか?

  • JTBのビジネスWEBメールマガジン 「#Think Trunk」のご案内

    「#Think Trunk」とは人と人、人と組織、人と社会とのコミュニケーションのヒントをお届けするWEBマガジンです。お客様の課題解決に繋がる最新のサービスや実施事例、イベント・セミナー情報をお届けします。 購読をご希望の方は下記までお問い合わせください。

    JTB秋田支店
    電話:018-862-6193

  • リアル×VR 新感覚体験型旅行「バーチャル修学旅行360」

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で、修学旅行を中止する学校や自治体が全国で増加しています。修学旅行を楽しみにしていた子どもたちにとってはかけがえのない思い出づくりや学びの機会が失われるだけでなく、修学旅行の予約が取り消された宿泊施設、交通機関、見学・体験施設など受入地域の観光事業者の皆さまにも大きな影響を及ぼしています。
    JTBでは、そんな子どもたちと観光事業者の皆さまとの交流をデジタル技術を駆使して創造することによって、ニューノーマル時代における子どもたちの思い出づくりや学びの機会保障、および観光事業者の皆さまのサービス提供機会創出を実現するためのプログラムを開発しました。それが、リアル×VR 新感覚体験型旅行「バーチャル修学旅行360」です。
    詳細は、JTB秋田支店 営業課までお問い合わせください。TEL:018-862-6193

  • 17 Goals Project -中学生・高校生が社会課題の解決に挑むプロジェクト

    現在、世界的な行動指針として示されているSDGs(持続可能な開発目標)は、教育界において子供たちに伝え、考えさせるべき学習テーマとして注目されていますが、教室の中や教科書上の学びでは、その問題の大きさ、深刻さを十分に伝えきれず、現実感の欠如に大きな課題を抱えています。
    学校行事や探究学習を通じて、21世紀を生き抜くために求められる資質・能力を育むことをサポートしたいJTBと、国内外における自然災害による被災者、紛争による難民に対し、迅速で効果的な緊急人道支援を実施するためのプラットフォームであるJPFが共同で運営するプロジェクトです。
    リンク先には動画も掲載しておりますので、ぜひご視聴ください。
    ご不明な点がございましたらJTB秋田支店営業課宛てにお気軽にお問合せください。

  • 訪日在留外国人レジデンストラックサポートプラン(留学生入国支援)

    JTBの「訪日在留外国人レジデンストラックサポートサービス」は、全世界から日本にやってくる外国人が、安心かつスムーズに、入国から隔離宿泊期間までを過ごせるよう支援するシステム。単なる旅行手配だけではなく、コロナ禍だからこその手厚いサポートをトータルに提案いたします。渡航者は勿論、日本での受入れ対応をされる大学・専門学校などのご担当者様の業務効率化・ご負担軽減を目的としたサービスです。
    ~コロナ禍でも、安心の受け入れを。~
    2020年10月より日本への入国規制が緩和され、訪日在留外国人が増加すると見込まれています。留学生を受け入れる大学や専門学校には、これまでと違った様々な対応が求められ、業務負担やリスクも増加。そこでJTBは、空港送迎の交通手段や、待機宿泊先の手配、あらゆる課題を解決するための各種サポートをご提供いたします。
    詳細は、JTB秋田支店 営業課までお問い合わせください。TEL:018-862-6193

  • まちめぐりデジタルマップ「Stroly」

    JTBが提供するデジタルソリューション、まちめぐりデジタルマップ「Stroly」は、紙の地図の分かりやすさや楽しさはそのままに、デジタルならではの便利な機能で、観光客の回遊を促進し、地域の消費を拡大します。
    地域の皆様、こんなことにお困りではないでしょうか?
    ・観光マップを毎年作り直さなければならず、手間と費用がかかり面倒だ
    ・観光マップを使って、観光客の域内消費を促進したいがどうして良いかわからない
    ・地域を訪れた観光客が、いつ、どこで、何をしているか掴めていない
    ・まちめぐりデジタルマップ「Stroly」は、地域が抱えるこれらの課題を解決するとともに、観光客の回遊を促進し、地域の消費を拡大します。
    まちめぐりデジタルマップ「Stroly」でこんなことが実現できます。
    ①観光マップのわかりやすさ+αの機能をデジタルで実現
    紙の観光マップと同じ利便性を持ちながらタイムリーな情報更新ができ、スマホひとつで街歩きが楽しめます。
    ②観光客の動向を生み出し、消費も活性化
    紙の観光マップと同じ利便性を持ちながらタイムリーな情報更新ができ、スマホひとつで街歩きが楽しめます。
    ③リアルな行動分析
    観光客の行動データに基づくリアルな行動分析により、効果的な施策開発が可能となります。
    詳細は、JTB秋田支店 営業課までお問い合わせください。TEL:018-862-6193

JTBの法人事業

PLUS JTB
旅や生活に「プラス」になる商品・サービス

秋田支店は法人事業をメイン事業とし、企業、教育機関、官公庁、自治体、各種団体を中心とするお客様のさまざまな課題を共に考え、常に価値あるソリューションを提供することで、お客様の課題解決と価値向上に貢献し、豊かな社会の実現に貢献します。

総合旅行業務取扱管理者:高橋 理々子